平熱を上げる方法|腰痛の悩みを無くせる改善法|筋トレで痛みを軽減

腰痛の悩みを無くせる改善法|筋トレで痛みを軽減

女性

平熱を上げる方法

手

昔から冷えは万病の元と言われています。身体が冷える事で心と身体に様々な支障が出て病気になる原因にもなります。癌が発症する人の多くは体温が低い傾向にあると言う研究結果もあります。現在は昔に比べて体温が低い人が増えてきており、平熱が36度を切って35度台の低体温の人も多くいます。細胞が活性化される36.5度から37度位の平熱を保つ事が身体にはいいと言われており、温活をする事によってこの体温を目指すと良いと考えられます。女性は男性に比べて筋肉量が少ない事も体温が低くなる原因の一つとなっており、深刻な冷え性に悩んでいる女性はとても多くいます。筋力量を運動などで増やす事も体温を上げる方法の一つとして有効になります。

体温を上げる温活で最も簡単に出来るのが、お風呂にゆっくりと浸かる方法です。シャワーによって上がる温度は身体の表面的な物で、芯から温まる事は出来ません。湯船にゆっくり浸かる事が身体を芯から温める方法になります。ダイエットには半身浴が効果的ですが、温活には全身を湯船に浸ける全身浴の方が効果的になります。熱い40度以上のお湯に短時間浸かるのではなく、体温プラス3度位のお湯に30分程度浸かると身体の芯から温める事が出来ます。この様な方法は時間をかけてゆっくり身体を温める事でリラックス効果もあり湯冷めをしにくくなります。また炭酸入浴剤などを使用すると血の巡りを良くする効果もありますので、温活には効果的になります。体の芯から温まりたい時には、岩盤浴や遠赤外線機器を使用するのも良い温活といえます。